浄閑寺について
寺院名 栄法山清光院浄閑寺
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
開基 明暦元年(1655年)で開山上人は、天蓮社晴誉順波和尚である。
浄閑寺は安政2年(1855)の大地震の際にたくさんの新吉原の遊女が投げ込むように葬られたことから「投込寺」と呼ばれるようになった。花又花酔の川柳に、「生まれては苦界、死しては浄閑寺」と詠まれ、新吉原総霊塔が建立された。
檀徒のほかに、遊女やその子供の名前を記した、寛保3年(1743)から大正15年(1926)にいたる、幾十冊の過去帳が現存する。
遊女の暗く悲しい生涯に思いをはせて、作家永井荷風はしばしば当寺を訪れている。「今の世のわかき人々」にはじまる荷風の詩碑は、このような縁でここに建てられたものである。
私たちの宗旨
名称 浄土宗
宗祖 法然上人(源空)
開宗 今から八二〇年ほど前(承安五年)
本尊 阿弥陀仏(阿弥陀如来)
教え 阿弥陀仏の平等のお慈悲を信じ、『南無阿弥陀仏』とみ名を称えて、人格を高め、社会のためにつくし、明るい安らかなな毎日を送り、お浄土に生まれることを願う信仰です
お経 お釈迦さまがお説きになった無量寿経、観無量寿経、阿弥陀仏経の三部経をよりどころとします

本堂・境内の様子

浄閑寺の史跡

掲載誌



トップページに戻る